福山の地ビール クラフトハート・ブルワリーのクラフトな毎日

「ビールの楽しさをもっと多くの人に知ってほしい」という想いでもう22年もビールに関わっています ただのビール好き飲兵衛→ビールを売る人→ビールの国際審査員→ビールを創る人 正しい進化論に基づいてビールを愛しております

我思う故に麦酒有り

ブルワーに必要なこと

ブルワーに必要なことを考えていたらものづくりに関わる全ての人に必要なことにたどり着いた気がします

それは世界の最先端を知るということです

基本的に人は今まで経験したこと以上のことはできないというのが私の持論です
技術的なことで言えばやったことがあること、知識的なことで言えば見聞きしたことです

ものづくりに関わる人にとって自分の中の引き出しが空になることほど怖いことはないです
なんの進歩もなくなんの新しさも生まれてこないないとなると完全に枯れてしまいます

だからブルワーにとって常に新しいビールを飲み続けること、ビール以外のことについても幅広く学ぶことは欠かせないことです

今私はビールの審査会で入賞するようなビールを飲み、審査員となるようなキャリアを持った数多くの人たちと話し学ぶ機会にめぐまれています
これが出来なくなったら私は枯れてしまうでしょうね

ブルワーにとって大切なこと
常に時代の最先端を知りその中でやりたいこととやらないことを見つけ、今の環境で出来ることと出来ないことを天秤にかけてベストなものづくりをしていくことだと思います

そのためにはまずは知らなければ話にならないのです



クラフトハートブルワリーのビールは以下のサイトでお買い求め頂けます
http://craftheart.easy-myshop.jp/


ビールのセミナー出来ます!
様々な場所でのビールセミナーの講師や新聞・雑誌等のビール記事執筆、インタビュー経験あります

 ビールの超入門基礎知識
 プロ向けビールの基礎知識セミナー
 業務用サーバーや缶・瓶ビールの注ぎ方セミナー
 料理を活かすビールとのマリアージュセミナー
 ビアパブ開業アドバイス
 ブルーパブ開業アドバイス

等など

 ビアテイスターセミナー講師 
 醸造学基礎セミナー講師
 NHK文化センタービール講師
 尾道自由大学本気のビール学講師
 ビールのプロ中のプロ「マスタービアジャッジ」資格保有
 9年半ビアパブを経営してきた経営者
 5年間ビール造りをしている醸造者

すべての経験を活かしどんな内容でも出張して2時間程度からビールのお話いたします
下記のメールにて気軽にご相談下さい

~酒は人生の潤滑油 Beers make us Happy~

世界中の飲兵衛に愛される地ビール造りを目指します
お店のビールに豊かな選択肢を!ビールを飲まれるお客様に選ぶ楽しみを!

福山の地ビール
クラフトハートブルワリー Craftheart Brewery
〒720-0812
広島県福山市霞町2-5-7
e-mail:s-kobatake@kansha.co.jp
https://www.facebook.com/craftheartbrewery

http://heartpia.jp


クラフトマンシップとは

今日は夜になっちゃいました

気になるビールのニュースがはいりました、キリンがニューヨークのブルックリンと提携をするそうです

「キリン、米クラフトビール会社と提携 」
http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ13HYJ_T10C16A9EA2000/

これにより日本国内で大規模な委託醸造が再び(以前、木内酒造さんが造られていました)始まり、国内の広い地域で輸入物より劣化の少ないブルックリンラガーが飲めるようになります。

クラフトビール革命」という本にまでなったギャレットオリバーのクラフトビール革命はついに日本にまで届きました

さて、クラフトビールメーカーが大手にM&Aされるたびに「クラフトマンシップが失われる」と嘆く人達がいますが本当にそうなんでしょうか?

キリンはヤッホーブルーイングと業務提携しよなよなエールを生産しています
これによりよなよなエールからクラフトマンシップは失われたのでしょうか?

私はそうは思いません
石井さんが目指した「このビールで日本のクラフトビール界をアッと驚かせてやる」というクラフトマンシップは衰えるどころか大手の力によってますます進攻を強めていると思えます

今回のブルックリンラガー国内生産も同じだと思います
ギャレットオリバーの目指したクラフトマンシップあふれるクラフトビール革命は海を超えて日本にまで侵攻してきたのです

キリンとの提携によりブルックリンラガーの味が平坦化したり大衆化する事は絶対に無いでしょう
なぜならそれはキリンが欲しかったブランドではなくなるからです
よなよなエールも同じ

M&Aと業務提携を同列に論じることは乱暴かもしれません
でもどちらであってもクラフトマンシップが失われることはないと強く思います


クラフトハートブルワリーのビールは以下のサイトでお買い求め頂けます
http://craftheart.easy-myshop.jp/


ビールのセミナー出来ます!
様々な場所でのビールセミナーの講師や新聞・雑誌等のビール記事執筆、インタビュー経験あります

 ビールの超入門基礎知識
 プロ向けビールの基礎知識セミナー
 業務用サーバーや缶・瓶ビールの注ぎ方セミナー
 料理を活かすビールとのマリアージュセミナー
 ビアパブ開業アドバイス
 ブルーパブ開業アドバイス

等など

 ビアテイスターセミナー講師 
 醸造学基礎セミナー講師
 NHK文化センタービール講師
 尾道自由大学本気のビール学講師
 ビールのプロ中のプロ「マスタービアジャッジ」資格保有
 9年半ビアパブを経営してきた経営者
 5年間ビール造りをしている醸造者

すべての経験を活かしどんな内容でも出張して2時間程度からビールのお話いたします
下記のメールにて気軽にご相談下さい

~酒は人生の潤滑油 Beers make us Happy~

世界中の飲兵衛に愛される地ビール造りを目指します
お店のビールに豊かな選択肢を!ビールを飲まれるお客様に選ぶ楽しみを!

福山の地ビール
クラフトハートブルワリー Craftheart Brewery
〒720-0812
広島県福山市霞町2-5-7
e-mail:s-kobatake@kansha.co.jp
https://www.facebook.com/craftheartbrewery

http://heartpia.jp


ビール酒税見直しで一番心配なこと

ビール類の酒税見直しでお金の面から2つの事を考えました
1つは「クラフトビールの値下げはあるのか?」、2つめは「大手メーカはどうなるのか」でした

3つめはビール類酒税見直しで考えた一番大きなこと

「ブルーパブがレシピの見直しを迫られるかもしれない」

ということです

 発泡酒の定義は簡単に言うと2種類あり麦芽比率が50%未満の「低麦芽率発泡酒」とビールとして使ってはいけない原料を使用した「規定外副原料発泡酒」です
 今回の酒税見直しでハーブやスパイス、果汁を使ったものを発泡酒ではなくビールと定義しようという話が出ています。ビールとして使ってはいけない副原料の規定を見直すということです
 ビール輸入業者から個性豊かなベルギービールたちが規定外副原料により発泡酒と表記しなければいけないのは納得いかないという意見があるからだそうです

 今のクラフトビールブームの中で発泡酒に対する偏見に困ってい人達がどれくらいいるかは知りませんがアサヒビールなどベルギービールを大量に輸入販売している会社さんは困っているのでしょう

 発泡酒=安いという偏った認識を植えつけたのはお前たちだろうと言うツッコミは置いておいて、この意見が通ってハーブ、スパイス、フルーツなどを使ったものもビールと認めると副原料の規定が変われば小さなクラフトビールメーカーのほとんどを占める「発泡酒製造メーカー」がフルーツやハーブなどをつかったビールを創れなくなってしまう可能性があります

 それどころか麦芽比率を高めてしっかりと麦芽のキャラクターを引き出しつつ、味に影響のない範囲でハーブやスパイスなどを使って副原料の規定による発泡酒を創っていたブルーパブのような小規模のクラフトビールメーカーはそれが出来なくなりレシピの変更を余儀なくされるのではないかと思います

 クラフトハートブルワリーの仙酔ドラフトも若干のレモンピールを使う事で麦芽100%の味わいに限りなく近づけながら発泡酒として認められるものです
 この手法では発泡酒と認められなくなってしまうとかなり困ります・・・

 実際には移行期間があったり程よいグレーゾーンがあったりで急激な変化はないと思いますが、副原料の規定が変わる事こそ酒税減税よりも大きな変化なのではないかと思います。


クラフトハートブルワリーのビールは以下のサイトでお買い求め頂けます
http://craftheart.easy-myshop.jp/


ビールのセミナー出来ます!
様々な場所でのビールセミナーの講師や新聞・雑誌等のビール記事執筆、インタビュー経験あります

 ビールの超入門基礎知識
 プロ向けビールの基礎知識セミナー
 業務用サーバーや缶・瓶ビールの注ぎ方セミナー
 料理を活かすビールとのマリアージュセミナー
 ビアパブ開業アドバイス
 ブルーパブ開業アドバイス

等など

 ビアテイスターセミナー講師 
 醸造学基礎セミナー講師
 NHK文化センタービール講師
 尾道自由大学本気のビール学講師
 ビールのプロ中のプロ「マスタービアジャッジ」資格保有
 9年半ビアパブを経営してきた経営者
 5年間ビール造りをしている醸造者

すべての経験を活かしどんな内容でも出張して2時間程度からビールのお話いたします
下記のメールにて気軽にご相談下さい

~酒は人生の潤滑油 Beers make us Happy~

世界中の飲兵衛に愛される地ビール造りを目指します
お店のビールに豊かな選択肢を!ビールを飲まれるお客様に選ぶ楽しみを!

福山の地ビール
クラフトハートブルワリー Craftheart Brewery
〒720-0812
広島県福山市霞町2-5-7
e-mail:s-kobatake@kansha.co.jp
https://www.facebook.com/craftheartbrewery

http://heartpia.jp

酒税見直しによる大手との価格差

前回の「ビール税見直しに感じる3つのこと」の続きです

感じた事2つ目は「大手との価格差」です

前回クラフトビールメーカーは価格を変えないのではないかと考えましたが大手メーカーは麦芽比率50%以上は10円程度の値下げ、いわゆる節税型発泡酒は10円程度値上げをするでしょう
そうなるとただでさえリキュール類のビール系飲料との差別化ができづらい節税型発泡酒は姿を消すのではないかと思います

一方で今のクラフトビールブームの客層を考えた場合10円程度価格差が開いたところで購買数が大きく変わるとは思えません

結局クラフトビールメーカーにとっては自社の製品を磨きつづければいいということになりそうです

3つめはまた次回


クラフトハートブルワリーのビールは以下のサイトでお買い求め頂けます
http://craftheart.easy-myshop.jp/


ビールのセミナー出来ます!
様々な場所でのビールセミナーの講師や新聞・雑誌等のビール記事執筆、インタビュー経験あります

 ビールの超入門基礎知識
 プロ向けビールの基礎知識セミナー
 業務用サーバーや缶・瓶ビールの注ぎ方セミナー
 料理を活かすビールとのマリアージュセミナー
 ビアパブ開業アドバイス
 ブルーパブ開業アドバイス

等など

 ビアテイスターセミナー講師 
 醸造学基礎セミナー講師
 NHK文化センタービール講師
 尾道自由大学本気のビール学講師
 ビールのプロ中のプロ「マスタービアジャッジ」資格保有
 9年半ビアパブを経営してきた経営者
 5年間ビール造りをしている醸造者

すべての経験を活かしどんな内容でも出張して2時間程度からビールのお話いたします
下記のメールにて気軽にご相談下さい

~酒は人生の潤滑油 Beers make us Happy~

世界中の飲兵衛に愛される地ビール造りを目指します
お店のビールに豊かな選択肢を!ビールを飲まれるお客様に選ぶ楽しみを!

福山の地ビール
クラフトハートブルワリー Craftheart Brewery
〒720-0812
広島県福山市霞町2-5-7
e-mail:s-kobatake@kansha.co.jp
https://www.facebook.com/craftheartbrewery

http://heartpia.jp

ビール酒税見直しに感じる3つのこと

ビールにかかる酒税の見直しがニュースになっています。配偶者控除の見直しなどとセットということで今回はかなり本気のようです

このニュースを見て感じたことが3つ有ります。

1つは「クラフトビールメーカーの値下げ、値上げはほぼ無いのではないか」ということです

今いわゆるビール系飲料にかかっている酒税は麦芽比率と製法による分け方で4種類です

モルツやエビスに代表される麦芽比率が50%以上のものは1Lあたり220円 一缶を330mlとすれば約73円

いわゆる安い発泡酒に当たる麦芽比率が25%以上、50%未満のものは1L178.125円で一缶約59円、麦芽比率が25%未満なら1Lあたり134.25円なので一缶約45円です

のどごし生や麦とホップ、輸入物の格安ビールにあたるリキュール類に分類される特殊な製法によるものは1Lあたり80円、一缶約27円になりますがリキュール類は見直し対象になるかどうかはっきりとしないようなので今回は触れません

そうなると麦芽比率25%以上のビール類は値下げ、25%未満のものだけ値上げということがわかります

クラフトビールメーカーがビール一缶分から得ている利幅を考えると例えば一缶(一瓶)500円を490円にするとは思えず、麦芽比率50%以上のクラフトビールを造っているメーカーであっても値下げするのは規模の大きな一部のメーカーにだけではないかと考えます

一方、麦芽比率50%未満で造っているクラフトビールメーカは直販するブルーパブ業態のほうがが多いので一杯の値段を10円上げ下げするとも思えません

クラフトビールメーカーに限っては酒税が変わってもビールの価格にまでは反映されないだろうなと思います
酒税が下がったメーカーはその分経営基盤が安定するのでより良いビールを造ることに注力できるというメリットは有りますね

長くなったので残りの2つについては次回

クラフトハートブルワリーのビールは以下のサイトでお買い求め頂けます
http://craftheart.easy-myshop.jp/


ビールのセミナー出来ます!
様々な場所でのビールセミナーの講師や新聞・雑誌等のビール記事執筆、インタビュー経験あります

 ビールの超入門基礎知識
 プロ向けビールの基礎知識セミナー
 業務用サーバーや缶・瓶ビールの注ぎ方セミナー
 料理を活かすビールとのマリアージュセミナー
 ビアパブ開業アドバイス
 ブルーパブ開業アドバイス

等など

 ビアテイスターセミナー講師 
 醸造学基礎セミナー講師
 NHK文化センタービール講師
 尾道自由大学本気のビール学講師
 ビールのプロ中のプロ「マスタービアジャッジ」資格保有
 9年半ビアパブを経営してきた経営者
 5年間ビール造りをしている醸造者

すべての経験を活かしどんな内容でも出張して2時間程度からビールのお話いたします
下記のメールにて気軽にご相談下さい

~酒は人生の潤滑油 Beers make us Happy~

世界中の飲兵衛に愛される地ビール造りを目指します
お店のビールに豊かな選択肢を!ビールを飲まれるお客様に選ぶ楽しみを!

福山の地ビール
クラフトハートブルワリー Craftheart Brewery
〒720-0812
広島県福山市霞町2-5-7
e-mail:s-kobatake@kansha.co.jp
https://www.facebook.com/craftheartbrewery

http://heartpia.jp
「ビールの楽しさをもっと多くの人に知ってほしい」という想いでもう22年もビールに関わっています

ただのビール好き飲兵衛→ビールを売る人→ビールの国際審査員→ビールを創る人

正しい進化論に基づいてビールを愛しております
 
Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ