ビールにかかる酒税の見直しがニュースになっています。配偶者控除の見直しなどとセットということで今回はかなり本気のようです

このニュースを見て感じたことが3つ有ります。

1つは「クラフトビールメーカーの値下げ、値上げはほぼ無いのではないか」ということです

今いわゆるビール系飲料にかかっている酒税は麦芽比率と製法による分け方で4種類です

モルツやエビスに代表される麦芽比率が50%以上のものは1Lあたり220円 一缶を330mlとすれば約73円

いわゆる安い発泡酒に当たる麦芽比率が25%以上、50%未満のものは1L178.125円で一缶約59円、麦芽比率が25%未満なら1Lあたり134.25円なので一缶約45円です

のどごし生や麦とホップ、輸入物の格安ビールにあたるリキュール類に分類される特殊な製法によるものは1Lあたり80円、一缶約27円になりますがリキュール類は見直し対象になるかどうかはっきりとしないようなので今回は触れません

そうなると麦芽比率25%以上のビール類は値下げ、25%未満のものだけ値上げということがわかります

クラフトビールメーカーがビール一缶分から得ている利幅を考えると例えば一缶(一瓶)500円を490円にするとは思えず、麦芽比率50%以上のクラフトビールを造っているメーカーであっても値下げするのは規模の大きな一部のメーカーにだけではないかと考えます

一方、麦芽比率50%未満で造っているクラフトビールメーカは直販するブルーパブ業態のほうがが多いので一杯の値段を10円上げ下げするとも思えません

クラフトビールメーカーに限っては酒税が変わってもビールの価格にまでは反映されないだろうなと思います
酒税が下がったメーカーはその分経営基盤が安定するのでより良いビールを造ることに注力できるというメリットは有りますね

長くなったので残りの2つについては次回

クラフトハートブルワリーのビールは以下のサイトでお買い求め頂けます
http://craftheart.easy-myshop.jp/


ビールのセミナー出来ます!
様々な場所でのビールセミナーの講師や新聞・雑誌等のビール記事執筆、インタビュー経験あります

 ビールの超入門基礎知識
 プロ向けビールの基礎知識セミナー
 業務用サーバーや缶・瓶ビールの注ぎ方セミナー
 料理を活かすビールとのマリアージュセミナー
 ビアパブ開業アドバイス
 ブルーパブ開業アドバイス

等など

 ビアテイスターセミナー講師 
 醸造学基礎セミナー講師
 NHK文化センタービール講師
 尾道自由大学本気のビール学講師
 ビールのプロ中のプロ「マスタービアジャッジ」資格保有
 9年半ビアパブを経営してきた経営者
 5年間ビール造りをしている醸造者

すべての経験を活かしどんな内容でも出張して2時間程度からビールのお話いたします
下記のメールにて気軽にご相談下さい

~酒は人生の潤滑油 Beers make us Happy~

世界中の飲兵衛に愛される地ビール造りを目指します
お店のビールに豊かな選択肢を!ビールを飲まれるお客様に選ぶ楽しみを!

福山の地ビール
クラフトハートブルワリー Craftheart Brewery
〒720-0812
広島県福山市霞町2-5-7
e-mail:s-kobatake@kansha.co.jp
https://www.facebook.com/craftheartbrewery

http://heartpia.jp